2011年11月23日水曜日

1953 Ford F-100 Part 5


Completed!

完成しました。やはりアメ車はでかい。
このクルマを使ってジオラマの製作をします。
もうイメージスケッチは出来ました。
構想もでかくなってしまいましたが、どうなることやら。

その前にBooks Cafe Busの続きを作ります。










I hope you like it!




2011年11月17日木曜日

1953 Ford F-100 Part 4



Mud for lower panel

荷台下部分に泥汚れをつけました



Tamiya Weathering Stick

タミヤのウエザリングスティクの先端を楊枝につけ
汚したい部分にこすりつけます




Clip board and Marlboro

クリップボードを自作。マルボロは1/35のアクセサリーから
置いておくぶんには大きさはあまり気にならない



Pigments with Acrylic Thinner

窓の汚しはピグメントをアクリルシンナーで溶いたものを筆でつけます



Wipe off with cotton swab
綿棒を使いワイパーで拭き取られた部分はよくこすり取り
そうでない部分は雨だれの要領で上から下にこすります



Touch-up

汚れのたまった表現を筆で描いていきます



Window sticker

ステッカーチューンを



ブレーキライトにコードをつけてそれらしく



TBC...




2011年11月11日金曜日

1953 Ford F-100 Part 3



Decal

ドアに社名ロゴを入れます



Designed by Adobe Illustrator, then printed by ALPS Micro Dry Printer MD-5500

イラストレータにてロゴをデザインし、アルプスのプリンターで出力します



Chipping with toothpick by Enamel thinner

経年変化により文字がかすれたようにするために
楊枝の先をエナメルシンナーにつけこすりながらインクを剥がしていきます



 Completed

貼って完成。この後トップコートにて保護します


Interior

 ベンチシートが長く大きいので
雑誌や缶ジュースなどをそれらしく配置
使用者の趣味を表現します




ダンボール箱にはマスキングテープや本物の
ガムテープを細く切り貼っています



Step weathering

ステップ部分がおとなしいので汚します



Some foliage by diorama accessories

ジオラマ用の葉を何種類か混ぜて小さく粉々にします



add with Matte Medium

マットメディウムにて固着させます
紙創りの枯れ葉も付け加えました



Truck bed, too

荷台にも撒きます



Dry brush with weathering master

タミヤのウエザリングマスターにてホコリっぽさを追加します



TBC...




2011年11月8日火曜日

1953 Ford F-100 Part 2


Pigment with Acrylic Thinner
Use a cotton swab

ピグメントの粉をアクリルシンナーで溶き
綿棒につけてトントンと押してサビの模様をつけていきます



Roof, too

ルーフにも同じようにつけます
濃いサビ色、薄いサビ色と分けて押します



Chipping with pigments

次に筆で同じようにピグメントの粉をアクリルシンナーで溶き
チッピングしていきます
規則正しくならないようにバランスを見ながら描きます




ライトのグリルやホイールも同じように




Made the truck bed

荷台を板でそれらしく自作



Brown wash

ミグのウォッシング液を使用



Wash with enamel black

ブラックをスミ入れ



タミヤのウエザリングマスターは
汚したりドライブラシをするのに大変便利なアイテムです



TBC...



2011年11月3日木曜日

1953 Ford F-100 Part 1



1/25 AMT 1953 Ford F-100 Pickup

以前ビートルで作った情景は、このピックアップが登場する予定だった
ここまで作ったのだから、せっかくなので最後まで作ってあげないと
という事で製作開始


部品点数は少なめ
でもデカイ


Sprayed White Surfacer

下地をホワイトサーフェサーで


Painted Flat Green

筆でガシガシと塗ります



Painted Military Green

下のフラットグリーンが少し見えるように塗ります


Wash

タミヤのスミ入れ塗料にて


Wipe off with Kleenex and cotton swab

乾いたらエナメルシンナーにて拭き取り
ルーフの汚れは、ブラウンのスミ入れ塗料を塗った後
ティッシュの丸めた先端にシンナーを含ませ
叩きながら汚れの模様を残します



Flat Coat

トップコートを拭いてコートします



TBC...

続く






Pages - Menu

Fllowers