2015年10月23日金曜日

extreme Reality



AKインタラクティブより発売されています書籍、
エクストリームリアリティに作品が掲載されました。

私以外はもうすごい技術を持っている方々ばかりなので、
正直この中に入るのはどうかと思ってしまいます。
皆さんすごいリアルな汚し、見ているだけでため息です。
お腹いっぱいになったところで最後の私のページで少し休んでください。




















以下マルタケインターナショナル商品ページより抜粋。
モデラーは常にリアリティを目指してきました。モデルのリアリティを高めるために微細なディティールを加え、殆ど見えないような僅かな色彩の変化にこだわってきました。しかしモデラーが求めているリアリティは、どこか遠くの雲の上にあるのではありません。それは私たちの身近にあります。私たちは毎日リアリティに囲まれて、リアリティの中で生きているのです。

この本は、リアリティとは何か、人はどういうところにリアリティを見出すのかについて考察し、どうすればそれをモデルで表現できるのかについて、ステップバイステップで美術的手法から解説します。

この本には戦車や戦闘機は出てきません。その代わり私たちの身の回りに見られるような、朽ち果てた自転車、錆びたドラム缶、故障したトラクター、古びた民家、スクラップ置き場の廃車、ブルドーザーなどがリアリティを探る素材です。

英語版。A4サイズ、オールカラー、128ページ。本体価格3300円

お求めは全国の模型店またはマルタケインターナショナルまで。
http://mtake.sakura.ne.jp/akinteractive.htm




0 件のコメント:

コメントを投稿

Pages - Menu

Fllowers